読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

連載 田中角栄 #05/05

f:id:maddorachan:20160721123636j:plain

 

角栄にとって気がかりなことがあった。田中派内の若手議員の不満である。

 

首相は、大平正芳、鈴木善幸、中曽根康弘とつづいていた。なぜ、田中派から候補をださないのか。

 

f:id:maddorachan:20160729015636j:plain

 

角栄は田中派から首相候補をだし、自らの求心力がおちるのをおそれていたのである。

 

 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

総理大臣となった中曽根康弘は、1983年の年が明けてから、韓国を訪問した。つづいてアメリカに飛び、レーガン大統領と「ロンヤス関係」とよばれる信頼関係をむすぶ。

 

一方の角栄は、論告求刑の日をむかえていた。検察側は角栄に懲役5年、追徴金5億円を求刑する。

 

角栄は秋に予定されているロッキード事件の判決前に、衆院選参院選のダブル選挙を主張する。

 

しかし、中曽根はこれをしりぞける。

 

10月12日、ロッキード事件判決の日。東京地裁は角栄に懲役4年、追徴金5億円の実刑判決をくだした。

 

角栄は裁判をたたかいつづける覚悟をする。

 

さまざまな人間が議員をやめるようにさとすが、角栄はくびを縦にふらない。

 

1983年12月、衆院選挙の投票日がきまった。

 

角栄とともに作家の野坂昭如が新潟三区にはいった。角栄を批判しての立候補である。

 

f:id:maddorachan:20160729013349j:plain

 

この選挙の演説のなかで、角栄のモノの考えがわかるものがある。

 

「戦後というのは、革命がおきても不思議じゃなかった。おこらなかったのは、同族国家だからだ。兄弟がたくさんいれば、なかには社会党になるのもいる。共産党だってひとりくらいはいる。しかし、おやじの葬式のときはみんな集まってくる。そういうもんだ」

 

角栄独特の共同体思想がうかがえる。

 

12月18日、投票日。角栄は22万761票を獲得する。野坂昭如は落選した。

 

自民党は250議席と過半数をわったが、田中派は62議席で解散時より2議席へらしただけだった。

 

角栄の政治人生、最後の輝きであった。

 

 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

1985年1月、金丸信は田中派の若手議員をあつめた。

 

f:id:maddorachan:20160729014227j:plain

 

橋本龍太郎、小渕恵三、梶山静六、小沢一郎、羽田孜が顔をそろえる。

 

f:id:maddorachan:20160729015532j:plain

 

竹下登を首相候補に立て、金丸がそれを支える。会の名前は創政会とする。

 

竹下が角栄に対しておこしたクーデターだった。

 

f:id:maddorachan:20160729014607j:plain

 

2月、角栄は倒れる。

 

1989年10月14日、角栄の娘婿・田中直紀が長岡市の越後交通本社で角栄の引退表明をよみあげた。

 

角栄はすでにしゃべることができなくなっていた。

 

そして、1993年。

 

7月には娘の眞紀子が新潟三区で初当選していた。8月9日には細川護熙内閣が発足した。

 

f:id:maddorachan:20160729014903j:plain

 

この年の12月16日、田中角栄は慶応大学病院でなくなった。最後のコトバは「眠い」のひとこと。

 

享年75歳だった。

 

 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

さて、五回にわたって連載してきましたが、今回で終わりです。さいごまで、読んでいただいた方には感謝感謝です。

 

なんともかたっくるしい文体で、読んでる人もお疲れになったでしょうが、書いてるわたしもしんどかったです(笑)。

 

でも、まあ、いろいろと勉強になりました。

 

いちおう、次回の「Book Recommend」で総括しますんで、ぜひお読みになってください。

 

次回の連載はスティーブ・ジョブズにスポットをあてていきたいと考えてます。

 

それでは、また!